問題解決

籐の材料

2019年10月15日

ここ数年、日本国内では籐の価格が高騰し、そのうえ質のいい籐を仕入れることが大変難しくなってきています。

現在、世界で最も質のいい籐が取れるのは、インドネシアです。インドネシアの国策により、原料のままでの輸出は禁止され、製品での輸出しか認めらていません。

籐を編むような、単純作業なのに、技術を要する仕事は、職人が定着することが難しく、インドネシアでもなかなか籐を編む技術が上達していません。籠目編みや四ツ目編みのような、製品にして 輸出をするには まだまだ年月が必要です。

安定した籐編みを作ることができる、腕のいい職人は、香港と中国にいますが、インドネシアから、質のいい籐が入ってこないことには、彼らも腕を発揮できません。

そこで、コスガは現地へ出向き、籐の質、籐の編みの技量を見極め、独自のルートを開発し、適正な価格で、質のいい籐を入手しています。

トップへ戻るボタン